薬剤師のお仕事

知的障害児施設で虐待など441件 大阪市が改善指導(産経新聞)

 社会福祉法人「大阪福祉事業財団」が運営する知的障害児施設「すみれ愛育館」(大阪市城東区)で、平成17年4月から21年10月までの4年半に、職員による入所者への身体的虐待や厚生労働省令違反の疑いがある身体拘束など、計441件の不適切行為が確認され、市が14日発表した。市は3月29日、同施設に対して改善指導を行った。

 市は昨年9月、虐待が行われているとの通報を受け、同施設の監査を実施した結果、不適切行為が判明。それまでも市は年1回の定期監査を行っていたが、気付かなかったという。

 職員への聞き取り調査で確認された身体的虐待は6件。廊下の床に自分の頭を打ち付けていた入所者の少年の顔を男性職員が殴り、唇を5針縫うけがをさせたほか、興奮状態の入所者を制止しようと馬乗りになったり、入浴介助中に洗面器で頭をたたいたりしていたという。

 また、入所者55人に対する不適切な隔離・拘束を435件確認。自傷行為を防ぐため両手を固定する革製拘束帯を就寝時も使用したり、厚生労働省令で定められた記録手続きなどを行わないまま部屋に隔離したりしていた。

【関連記事】
1歳男児が虐待死か 堺で頭に内出血・腸管破裂の症状
女児虐待で福岡市長「熊本県から連絡あれば対応が…」
真冬に姉妹全員オムツ姿 寝屋川女児虐待死で逮捕の両親、育児放棄か
寝屋川虐待 市と児相会見で「対応適切」繰り返す
大阪の児童養護施設、保育士が2女児に性的虐待
外国人地方参政権問題に一石

ネット選挙 民主、解禁へ着々 参院選対策 動画充実で攻勢(産経新聞)
<児童ポルノ>3少年は元被害者 報酬渡されグループに(毎日新聞)
<将棋>三浦先手で横歩取りに 名人戦第1局(毎日新聞)
まるで合コン…首相、夕食会でオバマ隣席を狙う(産経新聞)
タケノコ産地偽装、元社長に有罪=「倫理観欠如」と批判−名古屋地裁(時事通信)
[PR]
by q7cvusifjx | 2010-04-17 09:10
<< 宮乃餅、復権 お土産ショップで... <日本学術会議>受動喫煙の対策... >>