薬剤師のお仕事

フグの缶詰「ふく缶」発売 山口・下関(産経新聞)

 フグの水揚げ日本一を誇る山口県下関市の老舗水産加工会社「マル幸商事」が、地元の新名物にしようと、フグの缶詰「ふく缶」を発売した。

 クジラの大和煮缶の経験を生かした自信作。シロサバフグをカツオとコンブだしで煮付け、上品な味に仕上げた。フグ缶の商品化は業界初という。

 1缶に2匹分のぶつ切りが入り、500円前後で販売。「フグ本来の味を損なわず、日持ちもするため土産に最適」と同社。“当たる”こと間違いなし?

【関連記事】
世界で初めてハマチ養殖に成功した野網和三郎記念室を開設 香川県水産試験場
「卵巣見たこともないのに無毒と…」フグ中毒で飲食店主に禁固10月求刑 山形
宮家への「献上ふく」 調理風景を公開
下関市で「ふくの日」祈願祭
トラフグ低温養殖で8割超が雄 白子の収量大幅アップ
あれから、15年 地下鉄サリン事件

普天間移設の政府案、首相が発表も=与党幹部(時事通信)
公明、参院選で他党推薦せず…非公式協力は容認(読売新聞)
<訃報>金澤魯水さん85歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)
<訃報>竹山広さん90歳=歌人(毎日新聞)
コアジサシの営巣地整備 大田区昭和島(産経新聞)
[PR]
by q7cvusifjx | 2010-04-02 11:24
<< 城下町に“夢の館” 鳥取で3日... 送迎バス事故で11人死傷=運転... >>