薬剤師のお仕事

死亡男児のあざ30カ所=母、日常的に暴行か−奈良県警(時事通信)

 奈良県桜井市で5歳男児が餓死した事件で、死亡した吉田智樹君の体に大小合わせて約30カ所のあざや傷跡があったことが17日、捜査関係者への取材で分かった。母真朱容疑者(26)=保護責任者遺棄致死容疑で逮捕=は「妹が生まれた3年ほど前から、息子をたたいたりするようになった」と供述しており、県警捜査1課などは、同容疑者が長期間、日常的に暴行を加えていた疑いがあるとみて捜査している。
 捜査関係者によると、確認されたあざなどは、既に治った跡も含めると30カ所以上。額には机の角にぶつけたような切り傷もあった。あざの中には色素が沈着し、かなり前にできたとみられるものもあったという。 

【関連ニュース】
「死ぬかもと思った」=逮捕の母供述
逮捕の両親、鑑定留置=次男に食事与えず死亡
知人男に懲役1年=押尾被告に麻薬譲渡
夫への不満から虐待か=妻が供述、夫婦生活でストレス
父「食事、息子は別」=妹生まれた3年前から

<潮風号>今季もスタート 北九州・門司港(毎日新聞)
【著者に聞きたい】秦郁彦さん『靖国神社の祭神たち』(産経新聞)
襲撃受けたケージ、構造見直しを=環境相がトキ保護センター視察−佐渡(時事通信)
中国へ里帰り 和歌山のパンダ「幸浜」歓送会(産経新聞)
癒やしの府住ペット 癒やされぬ無断飼育 ルール無視入居者苦情相次ぐ (産経新聞)
[PR]
by q7cvusifjx | 2010-03-19 20:06
<< 池谷氏当選なら3度目結婚も(ス... 娘揺さぶりで逮捕の母「首絞めて... >>